グラスとガラスは英語でどう言う?

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

皆さんは、「グラス」と「ガラス」、2つの単語を英語で使うことが出来ますか?
日本語では、「グラス」といったらワイングラスなどガラス製のグラスやコップ、「ガラス」といったら窓ガラスなどの「硝子」という認識が一般的なのではないでしょうか。しかし、英語では両方とも glass という単語を使います。日本語でも、ステンドグラスやサングラスも、飲み物をそそぐものではないのに「グラス」という単語が入っていますね。

ガラスとグラスの使い分け方

じゃあどうやって英語でガラスとグラスを区別するの?そう思った方もいるでしょう。
英語では、グラスもガラスも glass という単語で表現しますが、無冠詞の場合、glass はグラスの材質という意味になります。

It is very difficult to make stained glass.
ステンドグラスを作るのはとても難しいです。

冠詞を glass と一緒に使うと、ガラスという材質で作られた物を表します。

What a beautiful glass!
なんと綺麗なグラスなんだ!

それなので、glass を英語で使う際は、a や the の使い方に注意しましょう。

This is glass.
これはガラスです。

This is a glass.
これはグラスです。

This window is made of strengthened glass.
この窓は強化ガラスで出来ています。

This wine glass is made in Italy.
これはイタリア製のワイングラスです。

I broke a glass, so be careful of the broken bits of glass.
グラス割っちゃたから、ガラスの破片に気を付けて!

また、英語の紛らわしいところは、複数形のglasses を使うと、メガネとグラス両方の意味になります。例えば、以下の文章だけ見ると、メガネかグラスかは判断出来ません。

Glasses are made out of glass.
グラスはガラスで作られます。
メガネはガラスで作られています。

2 件のコメント

  • 先生、職場で「教えてくれてありがとう」と言うとき、teachを使ったらI’ll never teach.と返されました。そんなことが二度もありました。
    teachだとなぜか印象が悪いらしいので、それからはtellとかlet me knowを使うことにしまた。
    しかし、辞書を見てもなぜteachが相応しくないのかわかりません。
    Would you teach me please?

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。