メールは英語でmailではありません 日本人が陥りやすい落とし穴

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。


僕の周りには、メールをmailと訳す人がよく居ます。しかし実はこの英語は間違っています。メールは和製英語なので、日本人の言うメール、つまり電子メールはemailになり、mailという英単語は郵便を意味するのです。

Did you get the mail I sent you?
俺が送った手紙届いた?

I check my email about a hundred times a day.
私は1日に100回ぐらいメールを確認するよ。

日本の会社では、毎日何万人もの社員がemailとmailを混同してしまっているのではないのでしょうか。この間違いはメールに関する単語に対しても同様の事が言えます。例えば、メールアドレスを訳すならmail addressではなく、email addressになります。mail addressだと、住所という意味になってしまうので気をつけて下さい。自分は携帯電話のメールアドレスを聞いてるつもりでも、相手は住所を聞かれてると思ったら、相手は何事かと思ってしまいますよね。

郵便

airmail :エアメール、航空郵便
direct mail, DM:ダイレクトメール
そして、mail orderというフレーズを辞書で調べると「通信販売」という言葉が出てきますが、多くのネイティブにとってmail orderとはカタログで商品を注文する事なので、amazonなどのインターネットのストアで商品を注文する事は、online shoppingと言います。

電子メール

email account :メールアカウント
inbox :メールボックス
email magazine:メールマガジン

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。