dunnoの意味は何でしょう ー 実はこれは皆さんが知っているあのフレーズです

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

インフォーマルな英語では、「I don’t know」がたまに「dunno」になります。「I don’t know」の「I」を外し、「don’t know」を速く言うと、「dunno」という発音になるからです。「dunno」には2つの節があり、発音する時は2つ目の節の「no」を強調します。そして口頭だけではなく、メールやチャットなどでも使います。それでは例を見てみましょう。

Jenny: Where do you want to go on holiday?
Pete: Dunno.
ジェニー:お休みはどこに行きたい?
ピート:分かんない。

Fred: You want to hang out tonight?
Sue: Dunno.
Fred: What do you mean you dunno.
Sue: Just dunno at the moment.
フレッド:今夜遊ばない?
スー:どうだろう。
フレッド:どうだろうってそれどういう意味だよ。
スー:今は分かんないってこと。

「dunno」に「I」を付けても良いです。

Frank: Who’s that?
Sally: I dunno!
フランク:それ誰?
サリー:しらない!

「dunno」は、親しい仲間だけに使ったほうが良いです。「wanna」、「gonna」、「gotta」と同様に、「dunno」も少し品がなく聞こえる英語でもあるからです。

2 件のコメント

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。