gonnaの意味と使い方 going toとgonnaの違いはなんでしょうか

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

gotta、dunno、kinda、wannaなどの英語のスラングをよく耳にしますが、どういう意味になるでしょうか?

gonnaの意味と使い方

「gonna」はよく耳にする「going to」の略です。ネイティブは喋っている時に「going to」と言うのは少し面倒くさいので、「going to」の代わりに「gonna」と言います。「gonna」の意味は「これから何々をするつもり」です。

gonnaの例文

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1. If I’m ever gonna have a chance with Jane, I gotta come clean.
僕はジェーンと付き合うチャンスを得るために、 まず本当のことを言わなきゃ。

gonnaのニュアンス

「gonna」はとてもくだけた英語なので、仕事や学校では、この言葉を使わないほうがいいでしょう。

イギリスでは「gonna」が嫌いな人が沢山います。しかし、「gonna」がうまく使えたら、よりネイティブのように聞こえると思うので、「gonna」の使い方を身につける価値があります。

「gonna」は会話表現なので、小説や携帯メール以外では、この言葉をあまり使いません。通常、フォーマルな文面で は、「gonna」ではなく、「going to」を使います。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

7 件のコメント

  • 度々失礼いたします。
    今年は、Lukeさんの英語を楽しみながら、学んで行きたいと思います。
    Sorry for my continuous postings, but I’d say my determination for deepning further and expanding horisen of English world with findings from your native recturing. I’ll enjoy it! Hope for new year and learning native way of saying in this year too(^-^)

  • gonnaはgoing toの略でしたか!
    その他にもwannaはwant to,gottaはgot toみたいな〜 toを略す事が多い気がします!勉強になりました!m(__)m
    Thank you 🙂

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *