スラングのcrushはどういう意味でしょうか? 恋愛するときにどう使うのでしょうか?

crushとは
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

通常、crushは「潰す」という意味になります。例えば、ニンニクを料理で使うときに、まずcrush the garlicが必要でしょう。

How do you crush garlic?
ニンニクの潰し方はなんですか?

人ごみで自分が潰されたときにもcrushが使えます。

I got crushed by the crowd.
私は群衆に押しつぶされた。

自信や希望に対していうcrush

crushはhopeやconfidence に対してもよく使えます。この場合、crushの意味は「打ち砕く」や「だめにする」になります。

She crushed my hopes of becoming a singer.
彼女は私が歌手になる望みをだめにした。

My confidence has been crushed.
私の自信は打ち砕かれた。

好きな人に対して使うcrush

人に夢中になったときにcrush onというくだけたフレーズをよく使います。

イギリスでは、好きな人がいるときに、fancyとよく言いますが、アメリカではcrushを使う人が多いです。fancyは動詞ですが、crushは名詞なので、have a crushやget a crush とよく耳にします。特にcrushは片思いをしているときや告白しないで終わったときに使います。

have + a crush on + 人

I have a crush on Dan!
私はダンに夢中になった。

I have a crush on you.
あなたのことが好きだよ。

get + a crush on + 人

Are you getting a crush on him?
彼のことが好きになっているの?

この場合、bigやhugeという形容詞をよくつけます。

He has a huge crush on Patricia.
彼はパトリシアのことが大好きになった。

このようなときに、be crazy aboutというフレーズもよく使います。

よく耳にするcrushの言い回し

crushの意味と恋愛の表現

crushの意味とは?

a crushは「好きな人」と言う意味になり、いろいろなフレーズで使われています。

高校時代に好きな人がいた場合、high-school crushと言えます。

Who was your high-school crush?
高校生の頃の首ったけは誰だった?

好きな芸能人や憧れの芸能人はcelebrity crushと言います。

Do you have a celebrity crush?
憧れの芸能人はいる?

style crush 憧れるファションや好きなファションを着る人

secret crush 秘密の首ったけ

恋愛的に好きな人ではなく、憧れる人がいる場合、girl crush、man crush、guy crushと言えます。

girl crush 憧れる女性

man crush、guy crush 憧れる男性

通常、男性だけがman crushとguy crushを使います。女性だけがgirl crushを使います。

crush it の意味

最近、crushing itやcrushed itというスラングをよく耳にします。仕事がうまくいっているときや成功しているときに使います。crush itにはいつもポジティブなニュアンスがありますね。

He’s crushing it!
彼は大成功している!

上の文章は He’s doing great. と同じ意味です。

このCoronaのビールの広告ではcrushed itが使われていす。

How did it go?
Crushed it!
どうだった?
めちゃうまく行ったよ!

会社で使うcrush it

会社が成功したときにもcrush itと言えます。例えば、Facebookが2018収益報告で予想を上回った場合、以下の英語が良いです。

Facebook just crushed it again in 2018!
2018年にもFacebookが大成功した!

crushとは

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。