「come to think of it」の意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。


ネイティブは話をする時に、「come to think of it」というフレーズをよく使いますが、日本人が英語を話す時には、「come to think of it」をそれほど使いません。
「come to think of it」は「考えてみれば」や「そう言えば」という意味になります。なぜここでは「come」が使われているのでしょうか。
この「come」は「when I come」という意味になります。「when I come to think of it」と「come to think of it」はほぼ同じ意味になりますが、話をする時には「come to think of it」は「when I come to think of it」より言いやすいです。
[audio:http://www.eigowithluke.com/wp-content/uploads/2011/11/come-to-think-of-it.mp3|titles=come to think of it]

Come to think of it, I would actually quite like to go to Hokkaido.
考えてみれば、 北海道に行ってみたいな。

なぜ、上の文章では、話し手は「come to think of it」を使ったのでしょうか。話し手は、初めはあまり北海道に行きたくなかったけれど、よく考えたら、「やっぱり北海道には色々な面白いところがあるな。」というふうに思われ、自分の考え方が少し変わったことを示すために「come to think of it」というフレーズを使ったのです。

自分が次に言うことが相手を驚かせるだろうと思う時にも、「come to think of it」と言えます。

Come to think of it, I think that John would give a great speech.
そう言えば、ジョンは上手にスピーチが出来ると思う。

Of course, John would give a great speech.
もちろん、ジョンは上手にスピーチが出来るよね。

同僚はどの会社員が上手にスピーチが出来るかを考えています。一番目の文章では、話し手は「他の人がいいと思っていたけれど、よく考えると、もしかしたらJohnも上手かな。」と考えています。一方、二番目の文章では、ジョンは上手にスピーチが出来ることは当たり前です。
つまり、少し予想外の事を言ったり、自分の考え方が変わったりした時に「come to think of it」と言います。また、自分の考え方が変わってきた時にも、「come to think of it」と言えます。

4 件のコメント

  • いつもためになる情報、ありがとうございます。
    Come to think of it, today is straight “1”, November 11, isn’t it?
    こんな言い方はできるんでしょうか?
    そういえば、今日は11月11日、1続きの日ね。

    • Hi Totorin,
      Yes absolutely. You used “come to think of it” perfectly. However, the English afterwards is a little hard to understand. You might one to say, “the date today is all ones” or something like that.

  • Hi Luke,
    I think about the phrase:
    ・” come down to the idea ”
    It looks similar to the phrase ” Come to think of it,”
    If someone siad like:
    ” Come to think of it,I think that John would give a great speech.”,
    you explaned that ” Come to think ” means the speeker would think some different ideas before what they said so.
    I mean that at first,the speeker could not think or could not have predictions that John would give a great speech.
    But,the speeker thinks ” John would give it ” after all or so far.
    The point is that the phrase is the first statement which shows the speeker’s idea.
    On the other hand,the usage of the phrase ” come down to the idea ” seems different from the previous phrase.
    The both phrases are similar on its meaning.
    But,I noticed that the phrase ” come down to the idea ” is usually used to describe why someone think so.
    For example,
    A:” Come to think of it,I think that John would give a great speech.”
    B:” Why do you think John would give it so?”
    A:” I think it came down to the idea that John had a great policy against very troubled politics as many countries do.”

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。