「come back」の意味、また「come back」の使い方を示す例文

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

基本的に「come back」は「戻る」という意味になりますが、色々な面白い表現で使えます。例えば、誰かの名前を忘れて思い出した時に、「It came back to me. 」と言います。また、ファションでは流行が復活した時に「have come back」と言います。最後に、お客様が出る時に、「come back anytime」という丁寧な挨拶があります。「いつでもまた来てね。」という意味になります。以下に「come back」を使う例文があります。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

He came back to the house.
彼は家に帰った。

She came back to work.
彼女は仕事に戻った。

The name of the place came back to me.
場所の名前が僕の頭に浮かんできた。

Come back anytime.
いつでもまた来てね。

Scarves have come back.
スカーフがまたやり出した。

1 個のコメント

  • 初めてのコメントです。ちょっと気になったのですが、こないだ海外ドラマThe OC をみていたら冒頭で主人公が弁護士と話しているシーンで、I’m assuming you don’t plan on coming back とありました。日本語を聞いていたら 「きっと出来心だろう」と出てきて、混乱しました。この時のcoming back はどういうニュアンスなんでしょう?よければ返信お願いします。失礼しました!

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。