「as time goes by」という意味と使い方、英語の曲によく出てくる詩的なフレーズ

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

「time goes by」というフレーズはよく歌に出てきます。基本的に、「as time goes by」は「時が経つにつれて」という意味になります。「as time goes by」は詩的なフレーズですが、日常会話でも使えます。そして、この表現は深い話に適切です。たとえば、

As time goes by, our love grows stronger.
時間が経つとともに、私たちの愛情は強くなる。

As time goes by, life begins to feel very short.
時が経つにつれて、人生は短く感じる。

「as time goes by」を簡潔に表したいなら、「with time」や「over time」が良いと思います。

With time, your wound will heal.
時間と共にあなたの傷は癒えるよ。

「as time goes by」は現在いくつかの曲に出てきますが、初めは「Casablanca」という映画に出てくる曲「As Time Goes By」で、「Herman Hupfield」という人が作りました。

4 件のコメント

  • 関係ない質問でごめんなさい。
    ある広告に、”What time is it now?”
    と言う外国人がいないということが書いてあったのですが、
    本当でしょうか?

  • こんにちは
    このテーマには関係ないのですが、”誰かしらいる”とか、”どこかしらには行く”などの~かしらという言い方って英語ではどう言いますか??

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。