過去完了の「‘d」を聞き落とすとどうなるでしょうか ー `d の発音に耳をならそう

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

英語に耳がなれていない人には、ネイティブが話している時の過去完了形のhadを聞き取るのが難しいと思います。特に、hadが短縮形の ‘d になっている場合は、 ‘d をかなり聞き落としやすいです。しかしそれを聞き落としてしまうと、文章は過去完了形ではなく過去形になってしまいます。例えば、以下の2つの英文を見て下さい。これらの発音はとてもよく似ています。
過去完了形:

I wish you’d told me.
そのことを僕に話してくれればよかったのに。

you’d told meはyou had told meの略になります。

過去形:

I wish you told me.
僕に話してくれればよかったのに。

これらの文章の意味の違いは微妙ですが、1番目の文章は相手が「ある1つの出来事」について自分に話してくれれば良かったと言っているのに対し、2番目の文章は何を話せばよかったかは言っていません。wishと過去分詞が同時に使われている場合に、よくこの問題が生じてきます。他の例も見てみましょう。
以下の文章では、彼女は彼と踊ればよかったと思っています。

She wishes she danced with him.

次の文章では、彼女はある特定の時に、彼と踊ればよかったと思っています。

She wishes she’d danced with him.

これらの違いを聞き分けるのは、慣れるまでは難しいでしょう。 She wishes she danced with him.は過去形ですね。She wishes she’d danced with him.にはshe hadがあるので、過去完了形になります。
皆さん英語を聞く時には、この短い ‘d に注意して下さいね。

2 件のコメント

  • はじめまして。
    英語ネイティブの方の感覚を垣間見ることができる記事、いつも楽しく読ませてもらっています。
    今回の記事で1点質問があります。
    “I wish you told me.” の Luke さんの訳は「僕に話してくれればよかったのに。」と過去の文になっていますが、「(実際は話してくれないだろうけど)僕に話してくれればいいのに。」と現在の文にすべきではないのでしょうか?
    回答をいただけると嬉しいです。

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。