「red eye」はどういう意味でしょうか ー 写真の赤目とはまるで無関係な英語

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

Red Eye JPEG
夜中に飛行機で移動した事のある方、あなたは機内で熟睡する事が出来ますか?僕は、日本からアメリカへ行く時など、機内で夜を過ごしますが良く寝られた試しがありません。それなので到着する頃には、いつも疲れと睡眠不足で目が充血してしまいます。

今日紹介する「red eye」は、「夜中のフライト」という意味になります。皆さんも大体分かったかと思いますが、夜中のフライトでちゃんと眠れなく、到着する頃には目が充血してしまう人が多いことからこの言葉が出来ました。

夜ニューヨークを出発し、朝にサンフランシスコに到着するフライトは「red eye」のひとつです。また、日本からアメリカへのフライトも、多くの場合「red flight」に当てはまるでしょう。
「red eye」は名詞で、「a red eye」や、「flight」をつけて「a red eye flight」ともいいます。しかし多くの場合は、「the red eye」と「a red eye」、両方のフレーズを使います。なぜなら、「the red eye」はある空港からある空港まで、いつも運航しているフライトを指し、「a red eye」は自分が乗るフライトを指すからです。
a:the red eye

I am going to take the red eye out of San Francisco.
私はサンフランシスコからの夜中の便に乗ると思うよ。

上記の例文の場合は、「a red eye」も「the red eye」も使えます。「the red eye」だと、夜中の決まった時間に運航している便というのを強調します。「a red eye」はその意味合いはありません。

I took a red eye flight back home.
私は深夜のフライトで帰った。

You should take the red eye to New York.
Why?
It’s cheaper.
ニューヨーク市までの便に乗った方がいいよ。
なんで?
もっと安いからね。

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。