briskという形容詞で天気と散歩について話そう

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。



以前 crisp という英語を紹介しましたが、今回も天気に関する brisk という単語を紹介します。brisk weather と crisp weather は両方とも秋によく使い、「ひんやりと澄みきった爽快な天気」という意味になります。しかし、brisk weather は crisp weather よりひんやりとした天気を表すので、僕にとっては crisp weather の方が心地良いです。また、crisp と違い brisk は風が吹いている場合に使うので、a brisk windという表現もよく耳にします。

天気の話題で使うbrisk

There is a brisk wind blowing this morning, so I think I’ll go out on the sailboat.
今朝はひんやりとして気持ちの良い風が吹いているからヨットに乗ろう。

It was a brisk day.
今日はひんやりとして爽快な日だった。

散歩の話題で使うbrisk

また、brisk は普段より速いペースで散歩する時にもよく使います。医者はよく健康維持のために患者に a brisk walk を勧めます。

I went for a brisk walk this morning, and I felt much better afterwards.
今朝はきびきびと歩いたので、気分がとてもスッキリした。

4 件のコメント

  • いつも拝見させていただいてます。
    イラストも暖かみがあって、大好きです!
    ところで例文についてですが・・
    There is a brisk wind blowing this morningとありますが、
    A brisk wind is blowing this morningとしないのは何故ですか? ニュアンスが異なるのでしょうか?

  • 最近、YouTube で料理の動画を見ていてわからない単語があり、Eggs Devauxという単語なんですがどういう意味なんですか?

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published.

    ABOUTこの記事をかいた人

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。