「after tomorrow」の意味とはー時間を表す英語

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

「after tomorrow」というフレーズでさまざまな役に立つ英語を書くことが出来ます。たとえば、「day after tomorrow」の意味は「あさって」です。「the night after tomorrow」の意味は「あさっての夜」です。そして、「the morning after tomorrow」は「あさっての朝」という意味になります。これらの三つのフレーズの中では、「day after tomorrow」は一番多く使われています。

Do you think the product will be ready by the day after tomorrow?
あさってまでに商品は仕上がりますか?

I have an appointment with you for the day after tomorrow.
あさってにあなたと約束があります。

I will see you the morning after tomorrow.
あさっての朝に会いましょうね。

コメントをどうぞ

記事を書いたLukeについて

英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。