「homey」と「homie」の意味と使い方、ネイティブのスラング辞典

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「Homey」は「homie」とも表記し、スラングでの意味は「仲間」です。「homie」と「homey」は、どちらのスペルも使えます。誰かが「He’s my homie.」と言ったら、「彼は僕の友達だよ。」という意味になります。

そして「homey」には「色々な共通点がある友達」というようなニュアンスが含まれているので、同じバックグランドを持つ友達に「homey」と使ったりします。このフレーズは元々、アフリカ系アメリカ人から生まれたもので、「home boy」の略になります。

過去にアフリカ系アメリカ人は南部からニューヨークに引っ越した時に、同じように南部から来た友達を「home boy」と呼びました。そして現在、特にヒップホップ界では「homey」がよく使われています。
以下に「homey」を使う例文があります。
(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1.He’s my homey.
アイツは俺の仲間だよ。

2.You homeys got my back, yeah?
お前らは俺を守ってくれるよなあ?

3.Hey, homie, what’s going on?
よお、元気してたか?

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

6 件のコメント

  • 「homey」と「homie」は、アフリカ系アメリカ人から生まれたものではありませんよ!Hiphopの影響で勘違いしているのかもしれませんが、発祥はアフロアメリカン起源ではありません。
    いい加減な事を喧伝しないで下さい!
    参考までにWikipediaの引用を貼ります。他にも調べてみて下さい!そして訂正するべきです。確認もせずにいい加減な事を誠しやかに知ったかぶるのは止めた方がいいですよ!
    Homie (from “homeboy”) is an English language slang term found in American urban culture, whose origins etymologists generally trace to Mexican-American Spanglish from the late 19th century, with the word “homeboy” meaning a male friend from back home.

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *