golden boyとgolden girlはどういう意味でしょうか?

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

黄金はキラキラする珍しい金属なので、世界中で貴重なものとして扱われています。英語では、黄金をgoldとし、表現の中でたくさん使用されます。例えば、golden rule、golden oldie、golden anniversaryなどの表現です。今回は、golden boyとgolden girlというフレーズについて説明したいと思います。ゴールデンボーイは日本語でも使われていますが、英語での使い方は必ずしもいつも同じ意味とは限りません。

golden boyは成功している人気な若い男性です。golden girlは成功している人気な若い女性です。

Kei Nishikori is the golden boy of Japanese tennis.
錦織圭は日本のテニス界での期待の星です。

スポーツでは、golden boy とgolden girlをよく使いますが、映画や音楽の世界でも、golden girl と golden boyはよく使われています。

Rihanna is the golden girl of American pop.
リアーナはアメリカのポピュラー音楽の期待の星です。

時にgolden boyとgolden girlは良いすぎる人に対して使います。例えば、他の会社員がダグという会社員と比べてあまりいい顔をしない場合に、ダグはgolden boyと呼びます。この言葉は相手に対して嫉妬する場面で使用するので、ネガティブな言葉になります。

Doug is our company’s golden boy. He always does whatever management tells him to do.
ダグは会社の成功者です。幹部の思い通りに行動します。

1 個のコメント

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。