ゼロと複数形 – 「zero book」 と 「zero books」のどちらが正しいのか?

  

英語では、ある一つのものについて話すときには、単数形を使います。二つやそれ以上のものについて話す時には、複数形を使います。これは最も基本的な英文法規則のひとつでしょう。

one book
一冊の本 「単数形」
two books
二冊の本 「複数形」
twenty books
二十冊の本 「複数形」

しかしながら、ゼロのものについてはどうでしょうか?単数形の zero bookと複数形のzero booksのどちらを使うべきでしょうか?答えは zero booksです。ものが無いというのに何故複数形を使うでしょうか?多くの人にとってこれはあまり理屈にかなったものに見えないでしょう。

zero books
✖️  zero book
0冊の本

僕が思うにこの理由としてはネイティブがno booksと想像するときには、何か特定の本一冊について無いとイメージするというよりは、漠然とした数冊の本が無いということをイメージするからだと思います。同じように、noとanyについても複数形を使います。

I do not have any books.
本を一冊も持っていません。

I have no books.
本を一冊も持っていません。

では0と1の間の数字についてはどうでしょう?実際、英語では単数形で表される唯一の数字は1だけです。他の全ての数字は複数形になります。1より少ない数字でさえ複数形になります。例えば、0.5 meter「単数形」とは言わず、0.5 meters「複数形」と言います。

I ran 0.5 kilometers.
✖️  I ran 0.5 kilometer.
0.5キロ走った。

しかし、half a kilometerやhalf a book など分数を使う場合には単数形を使うことを理解しておくことは大切です。なぜならこういった分数はその名詞を直接修飾している訳ではないからです。half a kilometer はhalf of one kilometerと同じ意味です。

この記事の内容は少しわかりにくいですね。しかし、1以外の全ての数字は複数形で表されるということだけ覚えていてください、そうしたらきっと大丈夫です。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • みかん says:

    Lukeさんに質問があるのですが、どちらで質問をすればいいのか分からなかったのでこちらで質問していいですか?

    かなり前ですが「speak soon」の記事に、speak to youが会話中にあるとニュアンスがもっと深くなる、と書いてありました。そのニュアンスが深くなるとは具体的にどういうことですか?教えてください。

  • wtnbkn says:

    なるほど、ゼロの場合の複数形は盲点でした!勉強になりました。

コメントをどうぞ