副詞を生かすとネイティブのように英語を話せます

  

英語のネイティブは、よく副詞から話し始めます。皆さんもこの話し方を実践してみたら、複雑な文法を覚えなくてもネイティブのように話せるようになるでしょう。

clearly ー 明らかに

That’s a great idea.
それはいいアイディアだね。

Clearly, that’s a great idea.
明らかに、それはいいアディアだね。

obviously  ー  当然

Obviously, you don’t want to walk down that road after dark.
もちろん、夜になったらその道を通らない方がいいよ。

thankfully  ー 幸い

thankfully は、人に感謝する時にはあまり使いません。

Thankfully, it all went well in the end.
幸い、最終的には上手くいった。

naturally ー 当然

Naturally, once I moved to Japan, I started to study Japanese.
当然、日本に引っ越してから日本語を勉強するようになった。

frankly ー はっきり 言って

Frankly my dear I don’t give a damn.
はっきり言って興味ないよ。

seriously ー マジで

怒っている時には、「マジで」を意味する副詞の seriously が役立ちます。

Seriously, what were you thinking?
マジでどういうつもりだったんだよ!

日本人は「幸運なことに」や「不運なことに」などのフレーズをそこまで使わないように思いますが、ネイティブは「運」に関するフレーズを頻繁に使います。

luckily ー 幸運なことに

Luckily, the weather was great, and we were able to get a good view of the mountain.
幸運なことに天気がとても良かったので、山がよく見えた。

fortunately ー 幸運なことに

Fortunately, no one was in the building when the fire started.
いいことに、火事が起きた時にはビルに誰もいなかった。

unfortunately ー 不運なことに

Unfortunately, no one brought any drinks, so the party was very boring.
残念なことに、誰もお酒を持ってこなかったので、パーティーはとてもつまらなかった。

副詞+enough

ネイティブがよく、副詞と enough を組み合わせます。例えば、「不思議なことに」を意味する strangelyより、 strangely enough の方がよく使われています。この strangely と strangely enough は同じ意味になります。以下の副詞は偶然について話す時に使います。

interesting・interestingly enough ー 面白いことに

Interestingly enough, I was just thinking the same thing myself.
面白いことに、僕も同じことを考えていたよ。

curiously・curiously enough ー 不思議なことに

Curiously enough, I just saw her the other day.
不思議なことに、先日彼女と会ったんだ。

oddly・oddly enough ー 不思議なことに

She’s twice my age. But oddly enough, I find her very attractive.
彼女は僕の年齢の2倍なんだけど、不思議なことにとても魅力的なんだよ。

strangely・strangely enough ー 不思議なことに

Strangely enough, even though I lost my wallet in the station, I found it on a park bench.
妙なことに、俺が駅でなくした財布を公園のベンチで見付けたんだ。

副詞を使いすぎると逆に不自然な英語になってしまいますが、この記事の例文のようにコツさえつかめば、より感情的で生きた英語を使うことが出来ます。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ