「have relations with」の意味と使い方、気をつけないと気まずい英語になってしまうフレーズ

  

「have relations with」という英語のフレーズはよく使われていますが、気をつけないと意図しない意味を伝えてしまいます。「have relations with」のみだと、「と肉体関係を持つ」「と性的関係を持つ」という意味になります。たとえば:

Are you having relations with that man?
あの男性と肉体関係を持っているの?

この表現は婉曲的なので、あからさまな表現を避けたい時に使われています。そのため、この言い方は裁判でよく使われています。

しかし、「have relations with」の間に形容詞を入ると、意味は変わってきます。下記のような英語表現があります。

語順:have + 形容詞 + relations with

have hostile relations with と敵対関係にある

have poor relations with との関係性が悪い

have sexual relations with と性的関係を持つ

have stable relations with と安定的な関係を持つ

have good relations with と緊密な関係を持つ

have difficult relations with と難しい関係にある

have cozy relations with と癒着する

have diplomatic relations with と外交関係がある

上記の例を見ると、「have relations with」はとても役に立つフレーズだと分かりますね。しかし、形容詞を入れ忘れると少し気まずい間違い雰囲気になってしまうこともあるので気をつけましょう。ちなみに、モニカ・ルインスキーのスキャンダルでは、ビル・クリントンが次のように言いました。

I did not have sexual relations with that woman, Miss Lewinsky.

ビル・クリントンは素晴らしい大統領でしたが、残念なことに、これが彼の一番有名な台詞になってしまいました。

http://youtu.be/YSDAXGXGiEw

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に「カジュアル系英語のトリセツ」があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ