way upの意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

とても高いところについて話す時には、「way up」をよく使います。たとえば、高いところに食べ物がおいた場合には、「The food is way up there.」と言えます。「The food is up there.」よりとても高いところを示しています。

My friend climbed all the way up that mountain.
友達はその山の頂上まで登った。

The cat is way up there in the tree.
猫はその木のとても高いところにいる。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

ABOUTこの記事をかいた人

英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。