ironyの意味と使い方

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

「irony」は「皮肉」という意味になります。自分が思っていることの反対を言葉で表す時に「irony」をよく使います。

His comment was full of irony.
彼らのコメントは皮肉に満ちていた。


また、「irony」は「皮肉な状態」を表します。

The irony was lost on me.
皮肉は私には通じなかった。

The situation was rich in irony.
その状態は皮肉に満ちていた。

コメントをどうぞ

記事を書いたLukeについて

英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。