near とcloseの違いはなんでしょうか?

closeとnearの違い
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

closeとnearは両方「近い」という意味になります。しかし、closeだけを使った英語のフレーズとnearだけを使った英語のフレーズがあるので、今回、nearとcloseの使い分けを紹介したいと思います。

距離の使い方

距離について話すときに、closeとnearは同じ意味になります。

The train station is near my apartment.

The train station is close to my apartment.

駅は私のアパートの近くにある。

上記の例文のように、near + 場所 や close to + 場所  というパターンをよく使います。
前置詞のnear を使うときに、toをつける必要ありません。前置詞のcloseにtoを付けます。

人間関係の使い方

しかし、人の関係について話すときに、意味は大分ことなります。

I am close to my older sister.
私は姉と仲がいい。

I am near my older sister.
私は姉の近くにいる。

closeを人に対して使う場合、意味は「親しい」になります。nearは人に対しても場所に対しても同じ意味になります。
ですので、人間関係について話すときに、nearではなく、closeを使います。例えば、「彼女は親しい友達です。」と表したい場合、

❌ She is a near friend.ではなく

She is a close friend.

と言います。

この場合、closeは形容詞として使われているので、toは必要ないです。

nearを使ったフレーズ

nearとcloseを使うときに、いろんな決まったフレーズに注意する必要があります。

❌It was a close miss.
It was a near miss.

英語 日本語
near miss ニアミス
near beer 弱いビール
near-death experience 臨死体験
near future 近い将来

closeを使ったフレーズ

❌ It was a near contest.
It was a close contest.

英語 日本語
close contest 互角の戦い
close race 接戦
close encounter 接近遭遇
close call 危機一髪
close neighbor 親しい隣人

near neighbor は近くに住んでいる隣人という意味になりますね。

closeとnearの違い

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。