和製英語の罠

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

日本人にとっても、英語圏のネイティブにとっても、和製英語はとても難しいと思います。ネイティブは和製英語をきちんと日本語として認識して用いません。 その一方で、日本人は和製英語が正しい英語だと思って、その言葉をよく間違って使います。この問題を解決するには、和製英語の正しい英語表現と正しい英語をきちんと勉強するしか方がありません。

さらに、 他の問題もあります。この問題はアメリカ独立戦争で生じたものです。アメリカ独立以降、英語と米語は徐々に離れていきました。そのため、19世紀や20世紀の発明を説明する言葉はしばしばイギリス英語やアメリカ英語で異なります。例えば、20世紀に発明された車にまつわる言葉はイギリス英語やアメリカ英語では大分違います。トランクはアメリカ英語では、「trunk」ですが、イギリス英語では「boot」と言います。ボンネットはアメリカ英語では、「hood」ですが、イギリス英語では日本語と同様に「bonnet」と言います。これでは大変でしょう。
和製英語は19世紀や20世紀の英語に由来することが多いので、和製英語を英訳する時には、イギリス英単語とアメリカ英単語が異なるケースが多くあります。 これは、ダブル・トラブルでしょう。

リベンジ excited, try again
ハイテンション comeback, peppy
ピックアップ pick out
ベランダ・バルコニー pick out
ビリヤード pool
チャレンジ challenge oneself
アパート・マンション flat, apartment, condo
モノクロ black and white
ミルクティー tea with milk
ホームページ website
トップページ homepage
パーカー hoodie, sweatshirt, anorak
スタイル nice body, great figure
ハーフ half Japanese and half…など
セレブ wealthy person
アイスキャンデー ice pop 米 lollipop 英
マイバッグ my own bag, reusable bag
オートバイ motorbike, , motorcycle
オフィスレディー female office worker
ガソリンスタンド gas station 米 petrol station 英
ゲームセンター video arcade
コンセント outlet 米 socket 英
サイドブレーキ hand brake
サラリーマン businessperson
スーツアクター stunt performer
ダストボックス garbage can 米 rubbish bin 英
トランプ cards
電子レンジ microwave oven, microwave
ノートパソコン laptop, notebook
バックミラー rear-view mirror
ビニールハウス greenhouse
フリーダイヤル toll free
パンティストッキング pantyhose 米 tights 英
マイブーム personal interest
メールマガジン e-zine
ラブコメディ romantic comedy
ワイシャツ white shirt
ガードマン security guard
サングラス sunglasses
サンドバッグ punching bag
ベビーカー stroller 米 push chair 英
キャッチホン call waiting
ジェットコースター roller coaster
シャープペンシル mechanical pencil
バイキング buffet
面ファスナー Velcro
ホッチキス stapler
クラクション horn

1 個のコメント

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。