モノクロや白黒は英語で何というでしょうか ー 日本人がよくする英語の間違い

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

Black & White
僕の経験上、日本人はモノクロや白黒という言葉を英語にする時、よく2種類の間違いをしてしまっています。

実際はblack and whiteが正しい英語なのですが、日本語の順番は白の後が黒なので、日本人はよくwhite and blackと間違えてしまいます。

僕はチャップリンの白黒映画を観た。
×  I saw a Charlie Chaplin white-and-black film.
○ I saw a Charlie Chaplin black-and-white film.

ここでの「black and white」というフレーズは形容詞として使われているので、ハイフンを忘れないで下さい。
次は「monochrome」という英単語についてです。
日本人の口からモノクロという言葉を聞いた事は何度もありますが、monochromeという英単語を使っているネイティブには会ったことがありません。monochromeは専門用語なので、写真家のような専門家以外の人は日常会話では使わないのかもしれません。
このモノクロ写真に写っているのは僕の親友だ。(注:セピアなどではなく白黒写真の場合)

The guy in this black-and-white photo is my friend.

monochromeは白黒だけはなく、セピアなどの単色も表します。普段の会話の場合、例えばそれがセピアなら、monochromeではなくsepiaと言った方が良いでしょう。最近、Instagramというアプリが流行っているので、sepiaという単語はよく使われています。

1 個のコメント

  • はじめまして。質問です。
    『僕はチャップリンの白黒映画を観た。』について、『チャップリンの』ということで
    I saw a Charlie Chaplin black-and-white film. を
    I saw a Charlie Chaplin’s black-and-white film. と、言ってしまいそうになるのですが
    ‘s が必要ではない理由を教えていただけますか?

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。