Rube Goldberg

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

アメリカの新聞とテレビ番組では、Rube Goldberg という名前がよく形容詞として使われています。 
Rube Goldberg (ルーブ・ゴールドバーグ) はアメリカの漫画家でした。
簡単に出来ることを複雑で無駄な作業で実現する機械の漫画を書いていました。 彼の漫画はよく新聞に掲載されて、とても人気になりました。
 そんなわけで、Rube Goldbergは「非現実的」や「複雑すぎる様子」という意味の形容詞として使われるようになりました。

今月はメキシコ湾で石油流出があって、BPが流出を止めるように色んな複雑な機械を作っています。
それをきっかけに新聞とテレビ番組ではRube Goldberg という言葉がよく使われています。
例えば、先週のNY Times では、この文章を見かけました。
「As Rube Goldberg as it sounds, the basic techniques are straightforward and have been used successfully on out-of-control wells around the world.」
「ピタゴラ装置っぽいかもしれないけど、基本的な技術は分かりやすくて、
世界中の制御不能な油井に対してこの機械がうまく使用されて、成功を収めてきました。」

また、ニューヨークであった自動車爆弾の機械を説明する時にも、Rube Goldberg という言葉が使われました。
「I call this a Rube Goldberg contraption.」「私はこれを(爆弾)ピタゴラ装置と呼びます。」

しかし、この英語はアメリカでしか通じません。イギリスではRube Goldberg っぽい機械は「Heath Robinson contraptions」
と呼ばれています。そして、日本では、「ピタゴラ装置」と呼ばれているんでしょう。

英語では名前が日常の形容詞になるのは、珍しいと思います。このことはきっとRube Goldbergの能力と独創性を証明しています。

彼の漫画をもっと見たい人は、http://www.rubegoldberg.com/ をご覧ください。

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。