カレイは英語で flounder ですが、to flounder という動詞の使い方を知っていますか?

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

僕は、カレイの見た目と感触は少々苦手ですが、美味しいので食べるのはとても好きです。英語でカレイは flounder といい、イギリスでもとても人気のある魚です。実はこの flounder は、動詞としても使えます。「もがく」や「ジタバタする」という意味になります。

The flounder was floundering on the sand.
砂の上でカレイがジタバタしていた。

She was floundering in the water.
彼女は水中でもがいていた。

また、a floundering economyというフレーズも使われており、経済の話題だと flounder は「低迷する」という意味になります。

The Italian economy is floundering.
イタリアの経済は危機的状況だ。

そして、flounder は、しどろもどろになってしまう際にも使えます。このような場合、flounder + through というパターンが一般的です。

When I get nervous, I flounder through Japanese sentences.
緊張すると、僕の日本語はしどろもどろになってしまう。

5 件のコメント

  • Hello Luke San, I always enjoy reading your blog though it will be my first time to comment on this blog.
    I lived in England for one year and my host mum cooked a kind of flounder, but she called it plaice. Are they both the same fish?

  • Kwanzaa celebrations began all over the USA today.  Kwanzaa is an Afinacr-American celebration that was created by M. Ron Karenga in 1966. It is a celebration of their heritage with a focus on family values and our local communities.  Kwanzaa means “first fruits of the harvest”.  The Bay Area has a large community of people celebration Kwanzaa each year.

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。