「get back」の意味、また「get back」の使い方を示す例文

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

基本的に「get back」は「戻す」や「戻る」という意味になります。例えば、「I got back home.」は「僕は家に帰った」。また、「She got back her health.」は「彼女は健康を取り戻した」という意味になります。
でも、「get back」という動詞にはとても難しい特徴があります。「I will get you back.」には二つの異なる意味があります。一つは「あなたを取り戻す」です。もう一つは「あなたに復讐する」です。難しいでしょう!状況によって、だいたいどちらの意味が分かってきます。最後に、「get back to you」は「また連絡をするよ」という意味になります。以下に「 get back」を使う例文があります。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

Remember to get back before dark!
暗くないうちに絶対に帰ってね!

Don’t worry. I’ll definitely get back to you about that.
心配しないで。そのことについては絶対にまた話そうね。

I will get you back for that!
お前に復習するぞ!

I want to get my book back.
僕の本を取り戻したい。

2 件のコメント

  • このサイトを利用させてもらいました。いろいろな表現の細かい意味の理解に役に立ちました。
    すぐにわかるでしょうから余計なことかもしれませんが、「復習」は、「復讐」に直したほうが、このサイトの努力と知性を示すと思います。

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。