「Co.」と「Ltd.」のカンマの使い方、日本の会社と英語圏の会社

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

日本の株式会社を英文字にすると、通常「company limited」というふうになります。そして、これを略すと、「Co., Ltd.」になります。通常、日本では「Co.」と「Ltd.」の間にカンマを入れます。たとえば、

Mitsubishi Rayon Co., Ltd.
Sanyo Electric Co., Ltd.
Honda Motor Co., Ltd.

しかし、英語圏の国はこれらの略語をあまり使いません。イギリスでは、通常「Ltd.」か「Plc.」だけを使います。そして、アメリカでは、「Inc.」だけがよく使われています。また、カンマを使う会社とカンマを使わない会社の両方があります。どちらかというとカンマを使わない会社のほうが多いと思います。
たとえば、

Apple Inc.
Pfizer Inc.
Cisco Systems, Inc.
Jaguar Cars Ltd.
Barclays Bank PLC.
Amazon.com, Inc.

Apple はカンマを使いませんが、Ciscoはカンマを使います。つまり、会社によって、カンマの使い方が異なります。
たまに、数百年前に創立したイギリスの会社は、「&Co. Ltd.」という名前を使っています。しかし、この「Co.」は「and company」の略で、「and associates」、「同僚と」という意味に近いです。この場合、「&Co.」と「Ltd.」の間にカンマはあまり入れません。
以下の例文をみてみましょう。

Thomas Swan & Co. Ltd.

この会社は「Thomas Swan」と彼の同僚とで設立されたので、この名前になりました。昔は、会社名はこのように作られていましたが、現在「company」は会社という意味で使われています。

2 件のコメント

  • いつも拝見させて頂いてます。
    少し気になったのですが、NPO法人(non profit organizations)は英語でどの様に表記させるのですか?

  • ‘Company limited ‘ is written as ‘ limited
    company ‘in UK.
    ‘ Ltd.’ is a written abbreviation of limited company.
    However,its pronunciation is not ‘ L,T,D ‘ but .
    Moreover,company’s name can be record as using ‘ limited ‘ after the name of company at a registry office.
    In the case of that,both of ‘ Ltd. ‘ and ‘ Co.,ltd ‘ are not necessary.
    On the other hand,a written abbreviation of ‘ company limited ‘ is ‘ Co.,Ltd ‘ in Japan.
    And,its pronunciation is ‘ C,O,L,T,D ‘.
    The most important point is that the ​company has registry as its owner has ​limited
    responsibility for the ​money that it ​owes.

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。