ケチって英語でどう言うの?

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

僕の父は節約家で、母は浪費家です。そのせいで、買い物や外食などの際に度々父と母は揉めることがあります。
前回僕がアメリカに帰った際も、レストランで母はワインを頼んだのですが、父はお金のかからない水を飲みたかったらしく、ウェイターに、


Could we have some water please?
お冷をいただけますか。

と言いました。すると、母は父に対して小さな声でこう言いました。

Please don’t be so stingy. It’s embarrassing.
恥ずかしいからどケチなことしないでよ。

少し考えて父は、

Okay. What’s your cheapest red?
じゃあ、1番安い赤ワインは何ですか?

と言い、それを聞いた母は自分の顔を両手で覆っていました。
僕は父のことを節約家だと思っていますが、母にとってはただのケチでしかないようです。
ケチを表す英語の中で一番多く耳にするのは、母も言っていた stingy です。

Why are you so stingy when you’ve got so much money?
あなたってお金持ちなのにケチだよね!

皆さんは、クリスマス・キャロルのエベネーザ・スクルージを知っていますか? スクルージは守銭奴で有名です。英語で言うと、守銭奴は miser です。

Scrooge is perhaps the most famous miser in literature.
文学では、スクルージは最も有名な守銭奴だ。

また、守銭奴のような人を Scrooge と呼ぶこともできます。

He’s such a Scrooge.
彼はとんでもなくケチだね。

また、別の表現もあります。まず以下の英文を見てください。

Vanessa is so cheap!!

これは、一見誰かがヴァネッサを安い値段で売ろうとしているようにも思えますが、本当の意味は「ヴァネッサはとてもケチだ。」になります。

I’m not cheap. I just don’t like wasting money.
僕はケチじゃなくて節約家なんだよ。

ケチという表現をよりスラングっぽく表したい場合は、以下のようなアメリカ英語があります。

Vanessa is such a cheapskate.
ヴァネッサは本当にケチだね。

イギリス英語では、tightwad を使うと良いでしょう。

Vanessa is such a tightwad.
ヴァネッサは本当にケチだね。

しかし、ケチはネガティブなニュアンスで使われていると思うので、もしポジティブなニュアンスで「節約上手な人」を表したいなら、thrifty や frugal がおすすめです。

My brother is very thrifty, so he was able to buy a house by the time he was thirty.
兄はお金のやりくりが上手いので、30歳で家を買えるようになった。

I try very hard to live frugally.
僕は頑張って倹約生活をしてみる。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

4 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *