fortnight − イギリス人は日常的に使うのにアメリカ人が使わない英語

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

皆さんは、fortnight という英単語を聞いたことがありますか?fortnightは「2週間」という意味で、イギリス人は日常的にこの表現を使います。

I’ll see you in a fortnight.
2週間後にまた会おうね。

I spent a fortnight in Guam.
私はグアムに2週間いた。

僕はイギリスからアメリカに引っ越した頃、新しく出来た友人に

We have a test in a fortnight.
2週間後試験だね。

と言ったら、

In a what??
え、いつ??

と言われました。
イギリスでは fortnight を当たり前のように使っていたので知らなかったのですが、アメリカ人は日常会話で fortnight は使わず、皆さんも学校などで教わったであろう 2 weeksという単語を使っていました。
僕がそんな経験をしたのは高校1年生の時でしたが、ちょうどその頃アメリカの高校生はシェクスピアを勉強し始めます。シェクピアの作品では、fortnight という単語が頻繁に使われているので、シェクスピアに興味を持ったアメリカ人の友人は、僕が fortnight を使っても理解してくれるようになりました。しかし、勉強嫌いだった同級生はもしかすると今でも fortnight の意味が分からないかもしれません。
やはり、アメリカ人の大人でもイギリス文学以外では、ほとんど fortnight という単語に遭遇しないと思います。
皆さん、もしイギリス人やアイルランド人やオーストラリア人と話す機会があったら、是非 2 weeks の代わりに fortnight を使ってみて下さい。そして、シェイクスピア好きのアメリカ人相手に fortnight を使ってみるのも面白いかもしれませんね。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

9 件のコメント

  • いやぁーいつも本当に勉強になります。
    ネイティブでない私達は、ニュアンスや英米の違いって
    本当によく分からないんですよね。
    その「ニュアンス」や「英米」の違いが勉強できて
    本当に有り難いです!!

  • なるほどな~と思いながら読んでます。
    この前 映画を観てて思ったんですが、欧米ではよく相手(人)を褒めますよね。
    遊びに行った家の家族やパートナー、子供を褒める時は何て言うのでしょう?
    周りから羨ましがられるような場合です。
    「良い家族だね」「良い子供だね」「素晴らしい家族よね」ってニュアンス。

  • 英語・米語でのニュアンス・使い方の違い等、なかなか分からない事を教えて頂けてとても楽しいです。いつも本当にありがとうございます。
    響きが美しいですね。
    dayで数えるのでなくnightで考えるのは面白いなと思ったのですが、fortは、「砦」の部類の意味の他にどういう意味があるのでしょうか?

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *