under constructionの意味とは ー 準備が整っていないウェブページでよく見かける英語

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

先日、日本人の友人から「under constructionってどういう意味?」と聞かれました。確かに、急にウェブページにこの英語が表示されても訳が分からないかもしれないなと思ったので、今日はこれについて説明します。

ウェブページでは、よくunder constructionというフレーズを見かけます。このフレーズが表示されるのは、準備が整っていないページです。そして後ほどまたそのページを見ると、もしかしたらもう完成していて見られるかもしれません。

My website is still under construction, so come back later.
私のサイトはまだ準備中なので、また後で来て下さい。

under constructionは建設中の建物に対しても使われてます。その場合、「建築中」や「工事中」という意味になります。

My house is still under construction.
うちの家はまだ工事中なんだ。

なぜ前置詞のunderが使われているかというと、この場合のunderは「中」という意味になるからです。これは「検討中」を意味するunder considerationというフレーズに似ています。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *