今年の英語能力の世界ランキング ー 日本はイギリスの植民地だった香港より高い点を取りました

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

先日、EF Education Firstという会社が54か国170万人を対象に行った英語能力の調査結果が出たのですが、日本の平均点は100点中55.14点でした。 この調査はEnglish Townという世界で人気のある英会話のサイトを使っている人を対象に行ったものです。

一見この得点は低いように思うかもしれませんが、実は表を見るとイギリスの植民地であった香港より日本の方が得点が高いのです。これは、英語能力が高いと定評のあるインドの得点に近いですね。僕の知る限り、日本人は自分の英語能力に自信が無いように思いますが、このデータを見てみて、やはり日本人はもう少し自信を持った方が良いと思いました。アジアの国の中では、シンガポールとマレーシアが高得点を取っていますね。世界の中では、英語に似ているドイツ語系の言葉を話すスウェーデンの得点が最も高かったです。また、人口の多い国の得点が、人口の少ない国の得点より低いのが特徴的ですね。

興味深いことに、世界中では30歳から35歳までの人が最も高い得点を取っていました。

もっと詳しい情報を知りたい方は、このEFJapanのページを見て下さい。

ランキング 点数
1 スウェーデン 68.91
2 デンマーク 67.96
3 オランダ 66.32
4 フィンランド 64.37
5 ノルウェー 63.22
9 ドイツ 60.07
10 ポーランド 59.08
12 シンガポール 58.65
13 マレーシア 57.95
14 インド 57.49
17 パキスタン 56.03
18 スペイン 55.89
20 アルゼンチン 55.38
21 韓国 55.35
22 日本 55.14
23 フランス 54.28
24 イタリア 54.01
25 香港 53.65
27 インドネシア 53.31
28 イラン 52.92
29 ロシア 52.78
30 台湾 52.42
31 ベトナム 52.14
32 トルコ 51.19
36 中国 49
38 メキシコ 48.6
39 チリ 48.41
40 ベネズエラ 47.5
46 ブラジル 46.86
48 エジプト 45.92
50 コロンビア 45.07
52 サウジアラビア 44.6
53 タイ 44.36

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *