What’s up? の意味 — 挨拶としての使い方と質問としての使い方

お酒の英語
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

アメリカでは、What’s up? という挨拶はしょっちゅう使われています。僕はイギリスからアメリカに引っ越したばかりのころ、イギリスであまり使われていない「what’s up?」に戸惑っていました。特に、What’s up?が質問なのか挨拶なのかという点に関して混乱しました。

What’s up?の意味と使い方

実際、What’s up?やWhat is up?はWhat are you up to?という質問の略です。What are you up to?は「何をしているの?」という意味になります。それで、本来、What’s up?は、「何か新しいことがあったか」という意味になります。

Hey, what’s up?
Oh, you know, the usual. You?
最近、どう?
別に、変わりはない。君は?

How are you?とWhat’s up?の違い

What’s up?とHow are you?の使い方は似ていますが、How are you? には「相手が元気かどうか」というニュアンスがあります。そしてWhat’s up?には「最近何があったか」というニュアンスがあります。What’s up?はHow are you?と同様にそれほど長い答えを求めていません。Tell me what you have been doing recently.というような詳しい情報を求めている英語と違います。それで、What’s up?に対してNot much.や I’m doing great. などの答えが多いです。

Hey, what’s up man?
オス、最近、何かあったの?
Not much, man.
別に。

この例文を見ると、もし相手が詳しい答えを求めていないなら、「what’s up?」を使う意味はないだろうと思っている方がいるはずですが、このような時には、「what’s up?」を使った人は脳裏に「話したい」や「会話を始めたい」というふうに思っています。そのため、英語のネイティブと話したい時には、Hey, what’s up?という質問がとても便利でしょう。

挨拶のWhat’s up?

What’s up? にはもう1つの使い方があります。それは挨拶です。僕が高校に通っていた時には、 hello や hey と同様にWhat’s up?を挨拶として使っていた友達が沢山いました。たとえば、高校の廊下を歩いていて友達とすれ違う時にWhat’s up?とよく言います。その廊下が混んでいる場合、What’s up?は一分以内に10回も言えるでしょう。この使い方は日本人の高校生がよく使う「オース」に似ているでしょう。

たとえば、5人の友達とすれ違う場合、以下のような続け方ができます。

What’s up? … Hey, what’s up, man? …. What’s going on? Hey, man…What’s up?

What’s up?の答え

ちなみに、「what’s up?」を挨拶として言われたら、どういうふうに答えればよいのでしょうか。実際、「what’s up?」を繰り返すのが通常です。つまり、ネイティブは質問で質問に答えます。

What’s up?
What’s up?
おーす
おーす

What’s going on? はWhat’s up?にとても似ている表現です。

What’s up?のまとめ

では、乱暴にまとめると、「what’s up?」には二つの使い方があります。それは挨拶としての使い方と質問としての使い方です。しかし、英会話では、相手がどちらの使い方を使っているのかを判断するのが難しいでしょう。多くの場合、相手がWhat’s up?を質問のイントネーションで使っているかどうかというポイントで判断できます。また、相手の顔の表情や態度でも判断できますね。質問か挨拶かを決めずに曖昧な感じで「what’s up?」を使うネイティブも結構います。

What’s up? の使い方はやはり複雑ですが、英語ではWhat’s up?ほど役立つフレーズはめったにないので、これらの二つの使い方をきちんと学べば、色々な状況で使えると思います。ちなみに、「what’s up?」はくだけた英語で、友達の間で使われるフレーズですね。

お酒の英語

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

14 件のコメント

  • こんにちは。
    いつも楽しく読んでいます。
    質問です。
    What’s up?にはWhat’s up?ですが、あいさつとしてのHow do you do?にはHow do you do?でいいのでしょうか。また、How do you do?ってどの程度の頻度で使われているのでしょうか。アメリカでは使われるのでしょうか。イギリス人の方がよく使うのでしょうか。
    今回の記事で以前の疑問を思い出しました。よろしくお願いします。

    • Hi Minka,
      Thanks for the interesting questions. “How do you do?” often appears in textbooks, but it is hardly ever used. I suppose some people do say it in England, but it sounds quite old.

  • オーストラリアに住んでます。
    私の周りのオージーで使う人はいません。みんな若くないですし。
    ただ、留学生でアメリカ文化が浸透してる人は挨拶で使うことありますね。
    私が若くないのもあるかもしれませんが、どんなに丁寧に言われても第一声がWhat’s up?だと嫌悪感を抱いてしまいます。偏見かもしれませんが。

  • 言葉は生き物なので、世代間では嫌悪感を持つものもあるんでしょうね。
    どうよw 最近? でしょうね、What’s up?

  • 外国の方とLINEを交換して、Yooo what’s up.?と最初のメッセージがきました。私は彼に好意があるのですがこの場合どのように気の利いた返事をすれば良いのでしょうか??
    不躾な質問いきなりすいません。お返事お待ちしています!!

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *