「get down」の意味と使い方、また「get down」のスラング

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

基本的に「get down」は「下りる」や「身をかがめる」という意味になります。例えば、「はしごから下りる」は英語で「get down a ladder」と言います。また、「get down on your knees」は「ひざまずく」という意味になります。でも、「get down in the dumps」という表現はどういう意味のでしょうか? それは、「気がめいる」という意味になります。また、「get down」はスラングとして使う時に「ダンスする」という意味です。以下に「get down」を使う例文があります。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

Yo, let’s get down!
よ、ダンスしよう!

Don’t let it get you down!
くよくよするなよ。

Get down from there!
あそこから降りなさい。

He got down on his hands and knees and crawled.
彼はひざまずいて這った。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

6 件のコメント

  • いつも 気になるところをついていると思います!さすがです!
    全く関係ないのですが、日本人の良いところを教えて下さい
    日本人なのに日本の日本人の良さが見えなくなるときがあって…
    お暇なときで結構です。宜しくお願いします。

  • I think Rieko have got down in the dumps.
    Riekoさんは、自身の良さも見出せない状態なのでしょう。
    貧しい心の人は、他者の醜さばかりに興味を向ける。
    美しい人は、他者の中にある美しさを見ることができる。

  • 記事中の日本語訳について指摘させて下さい。
    [Get down from there! あそこから下りなさい]
    「あそこ」ではなく、「そこ」とするのが適切です。→「そこから下りなさい」
    なぜなら
    「あそこ」という言葉は、話し手と聞き手の両者から見て遠方を指す言葉だからです。
    例文)
    あそこに登らないで!(聞き手は、対象から離れた場所にいて、まだ登ってない)
    そこに登らないで!(聞き手は、対象のすぐ近くにいるが、まだ登ってない)または(登っている最中)

  • 補足
    「そこ」は聞き手とって近い場所を指します。
    例文)
    あそこに登らないで!(聞き手は対象から離れた場所にいて、登る前か登り終わった後)
    そこに登らないで!(聞き手は対象のすぐ近くにいて登る前か登り終わった後)もしくら(登っている最中)

  • (先ほどの4:04pmの投稿でタイプミスが複数出てしまったので、削除してもらってかまいません。)
    3:42pm投稿コメントの補足
    「そこ」は聞き手にとって近い場所を指します。
    例文)
    あそこに登らないで!(聞き手は対象から離れた場所にいて、登る前か登り終わった後)
    そこに登らないで!(聞き手は対象のすぐ近くにいて登る前か登り終わった後)もしくは(登っている最中)

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *