way to goの意味と使い方 (ネイティブのスラング辞典と英語発音辞典)

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「way to go」は褒め言葉で、 「よくやった」、「いいぞ!」や、「おめでとう」という意味です。英語では、「nice job」や「good for you」というフレーズが似ています。誰かを励ましたい時には、このフレーズがピッタリです。

(皆さんが英語の発音練習が出来るように、上の文章を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1. 子供:I just finished my homework.
お母さん:Way to go!
子供:今宿題を終わったよ。
お母さん:いいね!

2. I just scored three free throws in a row.
Way to go, man.
さっき、3回連続して、フリースローをしたよ。
いいぞ!

誰かが本当に素晴らしいことをしたら、「way to go」も使いますが、通常より声に強弱を付けないといけません。

3. I just got into Harvard.
Way to go!
さっき、ハーバードに入学したとニュースを聞いたよ。
おめでとう!

実際、もともと、「way to go」はスポーツの中で使われていた言葉です。例えば、誰かがゴールを決めた時やショットをする時に使っていましたが、現在はどのような状態でも使えるようになりました。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

5 件のコメント

  • こんにちは。
    大変参考になる情報満載なページで、宝物を発見したような気分です。
    ところで、
    [way to go]を使用しているツイートが表示されているのでなく、
    [way] [to][go]を含むツイートが表示されているのでたくさんのツイートから
    [way to go]を探すのが難しくなっています。
    [way to go]と完全一致するツイートを表示させるようにはできないのでしょうか?

  • 大学を卒業した事をFacebookに書いたところ、多くの友人からCongratulations!とコメントを頂いた中、一人だけway to go! と書いていました。同じような意味だったんですね。勉強になりました。ありがとうございます(^^)

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *