emoの意味と使い方 (ネイティブのスラング辞典と英語発音辞典)

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

「emo」は音楽のジャンルの一つで、「emotive hardcore」の略語です。エモの音楽はロックやパンクに似ていますが、歌詞は青春時代や若者の複雑な感情や苦悩を表します。エモと関係がある有名なバンドは「My Chemical Romance」や「Greenday」や「Weezer」などです。

現在、「emo」というスラングは人のファッションや性格を示します。この使い方はエモが好きな人のイメージから来ました。
では、「emo」といわれる人達はどういったイメージなのでしょうか。例えば、ネイティブは「He is kind of emo.」というフレーズを使うと、少々女女しく感情的で暗い男性を説明します。
そして「He dresses kind of emo.」と言うと、マフラーを巻き、ぴったりとしたジーンズを履いて、髪が長かったり、ツンツンに立てたりしている男性を思い浮かべます。
「I am feeling kind of emo.」と言えば、暗く絶望的な気分だけど、その感情を少し楽しんでいるというようなイメージが適切だと思います。ちなみにこれらは「emo」の使い方を表す例文なので、エモ系な人やエモの音楽が好きな人が必ずしもこういった人物だという事ではありません。
(皆さんが英語の発音練習が出来るように、以下の文章を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

1. Why am I feeling so emo today?
わたしは今日どうしてこんなに気分が落ちてるんだろう?

2. People who wear black aren’t necessarily emo.
黒い服を着る人がかならずしもエモ系な訳ではないよ。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

4 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *