優柔不断な人を説明するためにはどんな英語がよいでしょうか。wishy-washyという単語の紹介

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。


日本人女性は、優柔不断な男性を好ましく思っていないというイメージがあります。例えばカップルが食事に行く時、どこのレストランに行くのか、何を食べるのかを決められない男性は優柔不断とされ、多くの女性はこれに対してイライラすることでしょう。一方でイギリスでは、このような男性の行動を優しさと感じる女性が結構いると思います。僕はこの四字熟語が好きなので、優柔不断を英語にするとどんな訳がよいかを考えてみました。

優柔不断には、Wishy-washyという英語がぴったりだと思います。Wishy-washyは形容詞で、煮え切らない優柔不断な人、もしくはその行動を説明するために使われています。

I am fed up with dating wishy-washy sorts of men.
なよなよしてる男とデートするのはもううんざりだわ。

Don’t give me such a wishy-washy answer.
そんなに曖昧な返事をするなよ。

I just can’t believe how wishy-washy you are sometimes.
あなたがこんなにも優柔不断だなんて、たまに信じられなくなるわ。

Wishy-washyは色や飲み物に対しても使えます。

A wishy-washy cup of tea
一杯の水っぽいお茶

a wishy-washy blue
ぼんやりとした青

2 件のコメント

  • 驚きました!知りませんでした。ありがとうございます。
    以前、アメリカ人の知人が同じように全然決めてくれなくてイライラしたんです(笑)優しさとは思いもよらず、、、申し訳ないです。
    「決められない」んじゃなくて、「女性に決定権を持たせる」という優しさ、思いやりなんですねー。

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。