日本語の「リベンジ」は英語でそのままrevengeと訳して良いの?和製英語の罠

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

以前、電車の中でこのような会話を耳にしました。
「こないだね、彼にご飯作ったんだけど、美味しいって言ってもらえなかったの。絶対リベンジするんだー。」
僕はそれを聞いて、こわくなりました。なぜなら「絶対リベンジする」の意味を I will get my revenge.だと勘違いしていたからです。この、I will get my revenge.は、日本語にすると「絶対復讐する」になります。

もうお分かりかと思いますが、英語では日本語のように「再挑戦」のような意味でrevenge を使わないので、それを知らなかった僕は健気な女性を恐ろしい女性だと勘違いしてしまったのです。
どうやら最近日本語の日常会話で使われている「リベンジ」は、「リベンジマッチ」からきているようなのですが、英語で revenge match はスポーツのみで使います。それなので、日本語の「リベンジ」をそのまま revenge と訳して英語圏の人に使ってしまうと、相手は「復讐」や「仕返し」と受け取ってしまい、誤解が生じてしまうでしょう。
それでは、日本語の「リベンジ」、つまり「再挑戦」を英語にしたいならどのように訳せば良いでしょう。まず、よく使われているのは、try again というフレーズです。

I will just have to try again next time.
次回また挑戦するしかないね。

しかし、try again には、「次回はより頑張る」や「もっと上達させる」のようなニュアンスは含まれていません。それなので、try again より、try even harder next time という英語の方が日本語の「リベンジ」に近いかもしれません。

I will try even harder next time!
次こそはもっと頑張るからね!

そして、リベンジは少し面白い日本語なので、そのユーモアも伝えたいなら、make a comeback や make my comeback というフレーズも良いでしょう。make a comeback は「再び活気を取り戻す」という意味になりますが、「リベンジ」という単語のように少しだけドラマチックなニュアンスが感じられます。

I will make my comeback next week. He will definitely love my cooking then.
来週リベンジするんだ。そしたら彼は私の料理を絶対好きになるはず。

3 件のコメント

  • Lukeさん、カタカナ語のニュアンスを使ってますね?
    僕もよく使うんですけど、この単語は直訳できますか?
    Can you say “I feel a bit of dramatic nuance in this expression.”
    “There are a different nuance between these two words.”
    something like these?

  • アグレッシブも間違いのもとですよね。アメリカに来て周りの人にそれはアソーティブだと指摘されました。
    あと、ブービー賞から連想して、ゲームに負けた子供達に「ブービー!」と言ってしまって、子供達が笑って大騒ぎして、ママさん達に教えられました。。。
    失敗だらけです。

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。