big timeの意味と3つの使い方、 hit the big timeってどんな意味?

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

big time というスラングは、副詞、形容詞、名詞という3つの使い方があります。そして、使い方によって、全く異なる意味になります。

この big time は「トップレベル」や「一流」のような意味で使われている形容詞です。

She is a big-time star.
彼女はトップスターだ。

My friend is a big-time collector.
僕の友達は一流のコレクターだ。

そして、big time を副詞として使う場合、「極めて」や「ひどく」という意味になります。

You screwed up big time!
君はひどい失敗をした!

I owe you big time.
本当に感謝している。

★ big timeを形容詞として使う場合、bigとtimeの間にハイフンを入れます。副詞として使う場合、ハイフンを使いません。
hit the big time というフレーズもよく耳にします。意味は、「大成功する」や「有名になる」、「大金持ちになる」などです。この場合、the big time は名詞として使われています。

We’ve hit the big time!
私たちは大成功したわ!
僕らは大金持ちになったね!
俺たちは有名になったぞ!

1 個のコメント

  • アメリカ人の知り合いがディズニーランドのカントリーベアの3匹のクマがビーチボーイズの歌を歌うのですが、英語の発音が変だと言っていました。
    どう変なのかとっても気になります!
    後、テレビのカラオケバトルで、劇団四季かなにかの方の英語の発音も変だと言っていました。
    もし何か分かれば教えて頂けますか?
    そのアメリカ人は上手く説明できないそうです。

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。