watch out forというややこしい英語の3つの意味

  

watch out forはよく耳にするフレーズですが、使い方は意外に難しいです。

「注意する」という意味のwatch out for

誰かに何かを注意してほしいときに、watch out for と言えます。特に「危ないものに対して気をつけて」ということを伝えたいときに使います。このようなときに、be careful of とも言えるでしょう。

watch out + for + 注意するもの

You should watch out for cars.
車に気をつけた方がいいよ。

Watch out for the sharks when you swim.
泳ぐときにサメに注意してね。

危険が差し迫っている場合、Watch out! とだけ言います。

Watch out!
気をつけて!

「目を配る」という意味のwatch out for

相手が大変なことに遭わないように注意するという意味で使います。これは「かばう」や「保護する」という日本語に近いです。

このような場合、以下のパターンを使います。

watch out + for + 守りたい人

I try to watch out for my little brother.
私は弟に目を配るように心がけている。

We always try to watch out for each other.
僕たちはいつもお互いに目を配るようにしている。

★ このような場合、We’ve got your back.やWe’ve got you.というスラングも使えます。

「有名になる人」という意味のwatch out for

これから有名になりそうな人、これから成功しそうな人、ポップスターのたまごなどに対して使います。

以下のパターンのようにwatch out forの前にtoをつけて、説明したい名詞の後に使います。

… is a 人など + to watch out for

He is a singer to watch out for.
彼はこれから有名になりそうな歌手です。

She is a manager to watch out for.
彼女はこれから出世しそうなマネージャーだ。

この文法はちょっと分かりにくいと思いますが、 to watch out for は that we should watch out for という英語を略しているというふうに考えられます。たとえば、He is a singer that we should watch out for.です。

「危ない人」という意味のwatch out for

最後に、注意人物に対してもto watch out forが使えます。危ない犯罪者、嫌なことをする人、いじめっ子などに対して使います。

… is a 要注意人物 + to watch out for

That mean teacher is someone to watch out for.
あの卑劣な先生は気を付けたい人物です。

Five scammers to watch out for
注意すべき5人の詐欺師

watch out forは意外に複雑なフレーズです。ですから、Watch out for mistakes when you use “watch out for.”「watch out for」を使うときには、何を言い表したいかに注意してくださいということですね。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

コメントをどうぞ