「get over」の意味、また「get over it」の使い方を示す例文

Luke
こんにちは、イギリス生まれ・東京在住、英語教師で作家のLukeです。日本語で英語を説明することが趣味です。

「get over it」は乗り越えるという意味になります。失恋の話では、友達が別れた時に 「Don’t worry, you’ll get over her.」というふうによく慰められています。意味は「心配しないで。彼女のことを乗り越えるよ。」他のつらい経験に対しても「get over」が使えます。最後に、「get over yourself」はわがままな人によく言われています。意味は「自分の気持ちの整理をつけて下さい。」です。

以下に「get over」を使う例文があります。
(皆さんが英語の発音練習が出来るように、例文を読み上げて、録音しました。録音したファイルは以下にあります。)

Don’t worry. I’ll get over it.
心配しないで。僕は乗り越えるよ。

I’ll get over it.
僕は乗り越えるよ。

I just can’t get over him.
私は彼のことを乗り越えないね。

I’m okay. I’ll get over it.
大丈夫だよ。立ち直るよ

Get over yourself!
自分のことばかり考えないで!

3 件のコメント

  • Nice to meet you.Your website is so great.I can learn a lot of useful words and expressions.These are so informative and your explanations are easy for me to get.I’m looking forward to your next article.

  • Hi Luke,
    I focused on the pronunciation of ” I’ll get over it. ” this time.
    Because,this phrase has some important rules for pronunciation.
    1. ” I’ll ”
    ・I = aɪ
    ・I+’ll ≠ aɪ + l
    ・It sounds almost ” AOL ” in Roman character.
    So,there is no ” ɪ ” to say ” I’ll “.
    ・The point is ” throaty “: having a low sound to say ” I’ll “.
    2. ” get over ”
    ・The point is ” T ” & ” O ” on ” get over “.
    ・ get + over ≠ ɡet + ˈəʊvə(r)
    ・ It sounds almost ” GETOUVER ” in Roman character.
    ・These 2 words are pronounced as like one word.
    ” T ” & ” O ” are linking and pronounced as like ” TO ” in Roman character. ( Note: It’s not ” to ” on ” I go to~ “)
    For example, How about ” Check it out : ” it “+ ” out “?
    It’s also ” T ” & ” O ” are linking and pronounced as like ” LA ” on the sentence.
    It sounds as like ” CHEKILA “,if it can be expressed its core sound.
    In addition, I think below:
    ・The sound of ” TO ” for linking ” T ” & ” O ” on the first example is like more UK English.
    ・The sound of ” LA ” for linking ” T ” & ” O ” on the second example is like more US English.
    3. ” over it ”
    ・It sounds almost ” OUVERIT ” in Roman character for the expression to easy understand.
    ・It is caused on the sentences ,including「er」,「re」and etc + vowel.
    For example, How about ” Care About “?
    It’s ” RE ” & ” A ” are linking and pronounced as like ” RA ” on the sentence.
    ・” Care About “  ≠  keə(r) + əˈbaʊt
    ” Care About ” = kéərəbʌʊt
    Ultimately,
    ” I’ll get over it. ” ≠ aɪ + l + ɡet + ˈəʊvə(r) + ɪt
    ” I’ll get over it. ” = AOL GETOUVERIT ( Expression of the sound in Roman character. )

  • コメントをどうぞ

    記事を書いたLukeについて

    英語の教師と作家。父はイギリス人、母はアメリカ人。イギリス生まれ、13歳でアメリカへ。卒業後はワシントンDCで記者。現在東京に在住。著書に『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『とりあえずは英語でなんと言う?』 (大和書房)、など。NHK基礎英語1と婦人公論の連載。