東大はUniversity of Tokyoかthe University of Tokyo、どちらでしょうか、universityと定冠詞の使い方

  

通常、大学の名前は英語だと2つのパターンがあります。それは「… University」と、「the University of…」です。私立の大学、例えばHarvard University や Cambridge University は前者のパターンです。国立大学、例えば the University of California や the University of North Carolina はよく後者のパターンを使います。日本の大学は通常国立にかかわらず、「…University」のパターンを使います。しかし、東大は例外ですので、the University of Tokyoを使います。

今回なぜこのような話をしているかというと、英語では大学の名前を使う際に、定冠詞の the がパターンによって異なるからです。Harvard
University に対して the は使いません。もしネイティブが the Harvard
University という英語を聞いたら、とても違和感を感じるでしょう。一方、the University of California には of があるので、the を使います。この使い分け方を知っている日本人は、僕の経験上ですが少ないです。

昨日たまたま慈恵大学のホームページを見たのですが、慈恵医は両方のパターンを使っていました。

日本のトップレベルの大学を批判したくはないのですが、ホームページには、the Jikei University と何度も書かれていました。これは慈恵医大に限ったことではなく、日本で生活しているとよく出くわす間違いです。

せっかくなので、皆さんも英語で大学の名前を表す場合の正しい使い方を覚えてみて下さい。

I go to University of Tokyo.

ではなく、

I go to the University of Tokyo.

です。

×  I go to the Kyoto University.
○ I go to Kyoto University.

10月6日に「英語 with Luke」の新しい本、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(本体740円+税、大和書房刊)が出版されます!今書店には置いてあります。こちらのリンクからAmazonで買うことができます。  発売から1週間たたずに増刷となりました!

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • Anonymous says:

    ルークさん、東京が京都になってるう

  • M says:

    いつも楽しく英語学んでます。質問があるのですが…英語で
    やっぱり は何と言いますか?例えば、母に「一緒に買い物行く?」と聞かれ、行かない、と言った後に
    「あ、やっぱり行くー」という時です。宜しくお願いします。

  • Anonymous says:

    「Tokyo University」は間違いですか?

    • Anonymous says:

      東京大学では、英語表記を「The University of Tokyo」としているので、こちらが正式名称になります。

      「Tokyo University」は、「東京大学」という言葉を英語に直訳している方の言い方になります。

      通じるかもしれませんが、「国立大学法人 東大大学」の正式名称ではありません。

  • kei says:

    いきなり質問すいません。
    一番自然な英語で、
    「人を幸せにして自分も幸せになる」
    はなんでしょうか?

  • Ken says:

    『一方、the University of California には of があるので、the を使います。』

    というのはやや強い断言になるような気がします。アメリカには数十年間住んで、教育機関で仕事をしていたのですが、「of」がついているから「the」が付くというルール化は考えさせられます。

    会話や文章の文脈においては、「the」をつけるか否かでは、意味が若干違ったりする場合や、話している側が意図していることのニュアンスも込められている場合があります。

    また、国名と同様に、大学名に最初から「the」がついているケースも考えられます。

    なお、グーグルでアメリカのHPを対象に「i go to university of」で検索をすると、数十万件もヒットします。

    • 真衣 says:

      上の話の続きなんだけど、東京大学のように最初からtheが大学名前についている場合は、Lukeさんの例文はどうなるのかなぁ。

      そして、今、高校で、「United Nations University」について調べているんだけど、ホームページにあるAdmissionのStudy atのところには「The United Nations University provides …」とあって、このtheはどういうふうに考えればいいのかなぁ

      もし、これが、Lukeさんがブログで指摘されている「the Jiekai」と同じようなケースだったとすると、国連大学の英語ホームページをどういうふうに評価すればいいのかなぁと思ったりもします

      Lukeさん、お願い、ブログに大学を名指しで誤英語だと指摘されているので、誤解がないように、その英語の文を一つ一つ取り上げて文法の何が間違いなのか補足してください。

      • 真衣 says:

        すみません、「The Jiekai」は誤字です。Lukeさんのブログの本文にあるものを指しています。

    • 真衣の友達 says:

      私は真衣の友達で、親の仕事の関係で英語圏の国々での暮らしが長く、今は、二人とも日本の高校に通いながら外国の大学を目指しています。

      Lukeさんのブログにあるこの記事やほかのものを読んで、残念と思ったのは、他の人たちがコメントしているように、記事は偏っていることと、world englishesや英語学、英語社会言語学のような学問に基づいていないことです。

      私はHarvardを考えているので、それに関する記事等をできるだけ集めるようにしています。それで、反論になりますが、Lukeさんのいう、

      『The Harvard Universityを聞いたら違和感を感じるでしょう』

      というのは、ケースバイケースだ思います。文法の規則のように英語を学習している人たちに上の記事の内容を配信するのはよくないと思います。

      例えば、イギリスのMirrorという新聞には、最近(2016年4月21日)には

      The Harvard University students poses with their BB-shooting robot …

      また、the New England Journal of Medicineという専門の雑誌には

      The effects of training – A study of the Harvard University crews

      というタイトルの論文があります。

      さらに、tripadvisorという旅等のホームページには

      inside the Harvard University grounds

      とあります。

      このように、Lukeさんのブログを読んだ後に、このような記事をみた日本人の英語学習者の何人かは、混乱すると思います。

      これらのケースを説明して、意味を説明しないといけないのではないでしょうか

  • Rock says:

    Superbly ilimalnuting data here, thanks!

コメントをどうぞ