needの意味とは ー 英語圏の几帳面な人もだらしがない人もよく使う動詞

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

僕は、本当にやらなきゃいけないことを後回しにしてしまうところがあります。そのせいで、いつも頭の中である動詞を使っています。今日はその動詞について説明したいと思います。

何かをしなくてはならない時や、何かをする必要がある時、英語で「need」という動詞をよく使います。通常の場合、以下のパータンになります。

主語 + need/s + 動詞+ing

まず、何をする必要があるのかを考えます。例えば、芝生を刈る必要があるなら、「the lawn」が主語になり、次に「needs」を付けます。そして、最後に「刈る」を意味する「cut」に「ing」を付けます。

The lawn needs cutting.
芝生を刈らなきゃ。

上記のように、このパターンを使う時は、誰がそれをする必要があるのかはいわなくても大丈夫です。
では、他の例も見てみましょう。

This room needs painting.
この部屋にはペンキを塗るのが必要だ。

My shoes need polishing.
自分の靴を磨かなきゃ。

しかしたまに、「ing」を使わないパターンもあります。
主語 + need/s + 不定詞

My legs need to be shaved.
脚の毛剃らなくっちゃ。

The work needs to get done.
早く仕事を終わらせなくては。

1 個のコメント

  • Hi Luke,
    I like this website because your way of teaching English is always easy to understand.
    By the way what’s the difference between the first two sentences and the last three? Is “My legs need shaving” wrong? All Room, lawn, shoes, legs and work look the same to me, all of them need somebody to do it for them.

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。