お酒は英語で何という?

  

海外では、日本酒が年々人気になっています。僕が一番好きな日本酒は「獺祭」なのですが、獺祭も海外でとても人気があります。面白ことに、新世紀エヴァンゲリオンにも登場しているようですね。

英語で「日本酒」は sake や Japanese rice wine と呼ばれています。僕は日本に来た頃、「酒」と言ったら日本酒のことだと思っていました。あるとき日本人の同僚と週末の仕事終わりに飲みに行ったのですが、彼が「やっと酒が飲めるぞー!」と言ってビールを頼んだので、頭の中がクエッションマークになったのを覚えています。それでは、英語で「酒」を表すには、どのような英語を使うのでしょうか。

一番多く耳にするのは、alcohol や drink です。

You always drink way too much alcohol.
君はいつもお酒を飲みすぎるよね。

At last, we can drink!
やっと酒が飲めるぞー!

Do you want a drink tonight?
今夜一杯どうですか?

普通の飲み物を意味する drink とお酒を意味する drink を区別するのは難しいと思うかもしれませんが、だいたいの場合はTPOで判断することが出来ます。

スラングでお酒を表すには、booze という英語がオススメです。

Do you have any booze?
何のお酒がありますか?

alcoholic beverages という英語もありますが、これは硬い英語で看板などで見かけます。

No alcoholic beverages are allowed on the train.
この電車では飲酒禁止です。

お酒は子供が飲んではいけない飲み物なので、adult beverage とも呼ばれています。

年配のアメリカ人の中では、お酒を poison と呼ぶ人もたまにいます。初めて聞いた時はかなり驚きました。

What’s your poison?
君はどんなお酒が好きかね?

皆さんは、お酒を飲むと勇気が出ると感じことはありますか?英語では、お酒を liquid courage と呼ぶこともあります。直訳すると、「液体状の勇気」になります。

Before I talk to that girl, I need some liquid courage.
あの女性と話す前に、酒を飲まなきゃ。

またイギリスで、お酒を Dutch courage つまり「オランダ人の勇気」と呼んでるのを耳にしたこともあります。17世紀、オランダはイギリスのライバルでした。そこで、オランダ人は「お酒を飲まないと勇気が出ない」という軽蔑的なジョークがイギリスで流行り、その時代から、Dutch courage というフレーズが使われているそうです。

10月6日に「英語 with Luke」の新しい本、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(本体740円+税、大和書房刊)が出版されます!今書店には置いてあります。こちらのリンクからAmazonで買うことができます。  発売から1週間たたずに増刷となりました!

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメントをどうぞ