ofの意味とaboutの意味 ネイティブの意見

  

of 意味

今回は、「of」と「about」という前置詞の意味や違いについての記事を書いてみます。「of」と「about」が付いている動詞の違いは微妙ですので、ネイティブ・スピーカーではない人にとっては、意味を混同しやすいです。ですので、今回、「think」という動詞で「of」と「about」のネイティブの感覚を伝えようと思います。

まず、「think of」や「think about」という動詞を使う例文で違いをみてましょう。

I’m thinking of an enormous chocolate cake with dollops of icecream on top.
私はアイスクリームが山積みになった巨大なチョコレートケーキを想像している。
I’m thinking about investing in the stock market.
株式市場に投資することを検討しています。

これらの例文をみると、「think of」には「想像力を使って、考える」という意味があることがわかります。一方、「think about」は「慎重に考慮する」、「じっくり考える」または「包括的に、あれこれと熟慮する」という意味合いを表わします。 つまり、通常は「think of」より「think about」という考え方のほうが、より時間が掛かっている意味合いがあります。こういう風に考えると、「about」という前置詞の核心を突きます。「roll about – 転げ回る」や「jump about – 跳ね回る」というフレーズを考えて下さい。この「あちこちに」や「あれこれと」という感覚が「about」に繋がっています。ですので、ネイティブは「think about」というような抽象的な「about」が付いている動詞を使う時には脳裏にこの具体的な「about」の使い方が閃きます。

要するに、「think about」と「think of」という言葉の一番大きな違いは時間です。それで、ネイティブはよく時制によって、どちらの動詞を使うのか選びます。

I’ve just thought of an idea.
今、アイディアを思いついた。
She was thinking about him for weeks on end.
彼女は何週間も続けて彼のことを考えていた。

一番目の例文では急に思いついたアイディアがある、という意味ですから、長い時間考えるという「think about」は使えません。二番目の例文では、長期間に渡った考えているので、「think about」が適切です。

時間がそれほど関係がない場合には、「think about」と「think of」のどちちでも使える場合が多くあります。例えば、友達の誕生日や記念日には、以下のような文が使えます。

I’m thinking of you on this special day.
I’m thinking about you on this special day.
この特別な日にはあなたのことを思っています。

これらは一日を通してのことで、特に長い時間や短い時間ではありませんので、「think about」と「think of」の両方が使えます。
今回、「think about」と「think of」という動詞だけに焦点を合わせましたが、これらの動詞を通して、皆さんがもう少し「about」と「of」の意味や感覚がよく掴めるようになれたらいいと思います。

著者のLukeについてのページはこちらです。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』、『この英語、どう違う?』、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』(13万部突破!)があります。

人気の記事

Lukeについて

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。僕はアメリカとイギリスのハーフで、現在東京で翻訳の仕事をしています。生まれてから13年間をイギリスで過ごし、アメリカに越して11年間生活をした後日本に来ました。イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。日本人の人柄と和食、そして日本語が好きなのでまだまだ日本にいるつもりです!皆さんこれからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

スラング 英会話のガイド

コメント

  • goby says:

    回答頂き、ありがとうございます。
    どこにも相談する人がいないので、助かります。
    of とabouについては、
    記憶力が良くないので、時間差で理解しようと思います。
    次の質問も宜しくお願いします。
    ・it と that について
    前の文を受けるときに、it でうけるのかthatでうけるのかが分かりません。
    例えば、I won the big prize.
    と言われて、It was lucky.
    と返事していいのか、あるいは
    That was lucky.
    で返答するのがよいのか、わかりません。
    宜しくお願いします。

  • Mr.EnglishLearner says:

    英語を理解する上で英単語の持つイメージを理解する事は必須なので、英単語のイメージについての解説は非常に役に立ちます。大変参考になりました、ありがとうございます。

コメントをどうぞ