「man to man」の意味と使い方、「man to man」は「一対一」という意味ではありません。

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

日本語では、「マンツーマン」は「一対一」や「一人に一人が対応する」という意味になりますが、英語だと「man to man」は全く違う使い方になり、「率直に」という意味になります。

英会話スクールではよく「マンツーマン英会話」や「マンツーマンレッスン」という言葉を使いますが、英語で「man-to-man English conversation class」や「man-to-man lesson」とは言いません。英会話スクールは英語を教える場所なので、このような間違った英語は避けたほうが良いですね。
「man to man」という言い方には、偏見が含まれています。それは、女性は繊細なので、率直な意見を出せないということです。今の時代より男らしさが尊重されていた頃よく使われていたフレーズです。たとえば、西部劇には、「man to man」がよく出てきます。

では、「一対一」は英語でなんというのでしょうか。「one to one」が一番いい訳だと思います。

I think we need to have a one-to-one talk.
一対一で話そう。

We need to talk man to man.
率直に話そう。

ちなみに、英語で「マンツーマンレッソン」と言いたい時には通常、「one to one lesson」より、「private lesson」をよく使います。
「man to man」や「one to one」には形容詞の使い方と副詞の使い方があります。名詞の前に置く時は、言葉の間にハイフンを書きます。副詞の場合、ハイフンは書きません。上の例文では、この違いが見えますね。

6 件のコメント

  • 例えばバスケをするとき、1対1のゲームをする場合はone on oneをする、と言います。
    この言い方は合ってるのですか?

  • てっきり英語だと思っていました。
    和製英語を見分けるのが難しいです。勉強になりました!ありがとうございました!

  • Hi Luke,
    This is very nice subject!
    Let me explain some more example.
    The following expressions means literally ” one to one “:
    ・”private lesson”
    ・”one-to-one lesson”
    ・”I think we need to have a one-to-one talk.”
    I think it is often used that “one on one” instead in US english.
    On the other hand,how about this?:
    “his private talks with the UK prime minister”
    In other words to express it,it is like this:
    “his off-the-record talks with the UK prime minister”
    It means more confidential talks.
    So,”private” has 2 meanings even in above expression,right?
    Besides, the common meaning between the previous 2 meanings is the following expressions:
    ・ ” not to be made public ”
    ・ ” not to be disclosed in public ”
    ・ ” not open discussion “

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。