EPSの意味とは、Earnings Per Shareの略

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

EPSはEarnings Per Shareの略で、一株当たりの利益という意味になります。たとえば、一つの株の儲けの大きさを知りたい場合、ある会社の利益を株の数で割って、EPSが分かります。たとえば、
会社の利益は1,000,000ドルで株の数は1000の株の場合、EPSは1000ドルです。

What is the EPS for this company?
この会社の一株当たりの利益はなんでしょう?

The EPS is 5 dollars.
一株当たり利益は5ドルです。

1 個のコメント

  • Hi Luke,
    Understanding ” share ” is an easy way to
    understanding ” Earnings Per Share “.
    ” share ” is countable noun in Business English.
    It means share (in something) any of the units of equal value into which a company is divided and sold to raise money.
    ” Share ” on just a phrase ” share in something” means the general usage of ” share “.
    And, it is always in singular form.
    On the other hand,” share ” in the previous
    meaning as Business English can be used in also plural form.
    For example,
    ・People who own shares receive part of the company’s profits.
    ( Some more examples below )
    About its certificate,it’s ” a share certificate “.
    About expression for shares with company’s name, for example,” shares in British Telecom “.
    People who own shares is ” a shareholder ( or shareholders ) “.
    The price of units is ” share price “.
    ” Share Capital ” means the portion of a
    company’s equity that has been obtained by trading stock to a shareholder for cash.
    ” Company’s Equity ” means the value of a company’s shares;the value of a property after all charges and debts have been paid.
    Ultimately,” the property held by its company ” = ” The value of its shares “

  • コメントをどうぞ

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。