CVとレジュメ どちらで書けば良いのでしょうか。

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。日本語で英語を説明する趣味です。

前回、英文CVと英文レジュメの違いについての投稿を書きましたが、今回はどちらを書けばいいのかという質問に答えたいと思います。

まず、CVとレジュメの大きな違いをもう一度書きます。

レジュメ
フォーマットがない
短い
内容を自由に書ける

CV
フォーマットがある
長い
経歴をすべて書く

それでは、外資系の仕事に応募する際には、英文CVと英文レジュメのどちらを書けばよいのでしょうか。簡単な答えは応募している会社は通常の場合、応募要領でレジュメかCVのどちらが正しいのかを説明しています。でも、応募要領がない場合、またはあなたが応募する会社をまだ決めていない場合、働きたい国や会社の本社の国や社風で決めます。以下の国のリストを参考して下さい。

CVを使う国

イギリス、アイルランド、スコットランドとニュージーランドはCVを使います。レジュメはほとんど使われません。欧州大陸でも、CVはよく使われていて、特別に決められたCVもあります。このCVの名前はEuropassです。僕は英語圏じゃない国にあまり詳しくありませんが、もっと詳しく知りたい方は、このリンクを参考になさって下さい。
http://europass.cedefop.europa.eu/

CVとレジュメ、どちらも使う国

オーストラリア、インドや、南アフリカでは、レジュメとCVどちらも使えます。多くの場合、政府系の仕事に応募する際はCVを使います。民間セクターの仕事には、レジュメを使います。

主にレジュメを使う国

アメリカやカナダではレジュメが使われています。しかし、研究に関わる仕事は例外で、よくCVが使われています。つまり、自分の研究の経歴を記録しなければならない場合では、CVを使います。例えば、教授、科学者、医師の仕事などです。

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。