文法

英語の能動態と受動態 ー 受動態は難しくありません

皆さんは中学校の英語の授業で、英語の動詞には能動態と受動態があるということを教わったのを覚えているでしょうか。僕は日本の中学校で英語を教えていた時、生徒たちにとって受動態の授業は子守唄代わりになっていたことをよく覚えています。能動態や受動態のような普段聞き慣れていない単語を使うと、なんだか英文法はとても難しいような感じがしますね。しかし、受動態はそれほど難しい文法ではありません。もしかしたら、受動態は能動態より簡単かもしれません。たとえば、以下の文は能動態です。

it’sとitsの意味と違い ー ネイティブがもっとも間違える英文法

ネイティブがもっとも間違える英文法というのは、「it’s」と「its」の区別です。「it’s」と「its」の使い分け方は割と簡単ですが、ネイティブは書くときにこれらを混同してしまいます。今回は、自分もイマイチ分からないという方や、間違えてしまいやすいという方の為に、「it’s」と「its」の意味と使い方を説明します。