この英単語は2語か1語か、どちらが正しいでしょうか?



a lotの絵
Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

ネイティブは2語で1つの単語でなければいけない単語を書くことが多いです。おそらく最も一般的な例はa lot(かなり多い、たくさん)です。僕の高校の英語授業初日に、僕らの英語の先生は僕たちが a lot を必ず正しく綴るようにと専心しました。彼女は a を一枚のカードに書き lot をもう一枚のカードに書きました。そして a と lot が別々に書かれなければいけないことを見せるために、a のカードを教室の一方に吊るし、lot のカードを反対側に吊るしました。これは大変有効な方法だったと思っています。なぜなら僕はそれを今日まで覚えているからです。



● a lot
✖︎ alot

1語バージョンであるalotは間違いです。この1語バージョンを使うネイティブスピーカーもいますが、これは誤りであるとみなされています。alotの使用は控え、常にa lotを使ったほうが良いでしょう。



There is a lot going on in Tokyo this week.
今週は東京でたくさんのことが起こっている。

● all right
✖︎ alright

alright か all right か、どちらが正しいでしょうか?alrightとall rightの意味は同じでしょうか?多くのネイティブもこの質問の答えが分かりません。実は、alrightは正しくない英語です。all rightというスペルが正しいです。しかし、ネイティブはメールを送る時にalrightというスペルを多く使うので、alright というスペルもだんだん認められるようになってきています。

● everyday
● every day

everydayもevery dayも正しい英語ですが、意味は大分異なります。まず、everyday は形容詞で、「日常」という意味になります。

I will try to write this blog using everyday English.
日常英語を使ってこのブログを書こうと思います。

everyday life(日常生活)、everyday use(普段使い)、everyday clothes(普段着) などのフレーズもよく使われています。

I don’t think I’ll ever use algebra in my everyday life.
代数って日常生活で1回も使わなそうだよね。

一方、every day は「毎日」という意味になります。

I want to see you every day.
毎日君と会いたいよ。

a lotの絵

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

4 件のコメント

  • 固有名詞や地名で、2語に分かれるのか1語か悩む時があります。
    あとBarber。
    私が子供の頃、日本の床屋さんは
    BAR BARだったり、BAR BERだったり、いろいろな書き方してたことを思い出しちゃった。
    必ず2語に分かれているのが特徴。

  • Hi, Luke!
    I’m Kazu
    I have a question.
    “I want my money back. I want my money back. I want my money back. just enjoy the show!”
    this is a quate from the song names “the Show” by Lenka.
    I feel very weird abot this phrase, ’cause the song is very fancy. but at the last part, she starts singing about money.
    is there any other meanings with “want my money back”?
    thank you.

  • 日本人にとってはむしろ、間違えにくい問題ですね。
    日本人で、alotと一単語のように書く人はほとんどいないと思います。
    everydayとevery dayの違いは、知らない日本人が多いと思いますので、役に立つ情報ですね。
    「単語」は通常そのままで「1語」と言う意味なので、タイトルは「この英語は2語か1語か、どちらが正しいでしょうか?」の方がいいかも知れません。
    冒頭の本文も、「ネイティブは2語で1つの意味を持つ言葉を書くことが多いです。」と書いた方が、日本人には伝わりやすいと思います。
    ちなみに日本では、このような、複数の語で一つの意味を持つ部分を「句」と呼び、英語教育においては、文法の解説に「名詞句」「形容詞句」「副詞句」などの言葉がよく使われます。

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *