英語での時差の話題に必須な3フレーズ

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。


僕の両親はノースカロライナ州に住んでいるので、日本から電話をかける時はノースカロライナ州の時間と日にちを自然に考える癖がついています。日本と時差がない国は、韓国やパラオ、インドネシア東部など、全て数えても10にも満たない国しかないでしょう。それなので、もしかすると日本人は外国人と時差についての会話をする機会が多いかもしれません。そんな時の為に、今日は時差についての英語表現を紹介したいと思います。

基本的なフレーズtime difference

まず、時差を表す基本的なフレーズは time difference です。

When it’s daytime in Chicago, its night time in Tokyo, so it takes a long time to get used to the time difference.
シカゴが昼の時東京では夜だから、時差に慣れるのは長い時間がかかるね。

そして、よく会話に出でくる質問の仕方は以下の通りです。

What’s the time difference between + 場所1 + and + 場所2 ?
場所1と場所2の時差はどれくらいありますか?

正しい答え方は、

There’s a + 時間 + time difference between + 場所1 + and + 場所2.
場所1と場所2の時差は__時間です。

このようになります。

What’s the time difference between LA and Sapporo?
There’s a five-hour time difference between LA and Sapporo.
ロスと札幌との時差はどれくらいあるの?
ロスと札幌の時差は5時間だよ。

ワンポイントアドバイス!数 と hour を形容詞として表記する場合は、ハイフンに注意しましょう。たとえば「10時間の時差」は、 ten hour time difference ではなく ten-hour time difference になります。

ネイティブがよく使うフレーズ

しかし、先ほど紹介した基本的なフレーズより、ネイティブが実際によく使っているフレーズがあります。それは、「進んでいる」を意味する is ahead of と、「遅れる」を意味する is behind です。

New York is 5 hours behind London.
ニューヨークはロンドンより5時間遅れている。

London is five hours ahead of New York.
ロンドンはニューヨークより5時間進んでいる。

What time is it there?
We are 14 hours behind Japan, so it’s 9 in the morning here.
そっちは今何時
日本より14時間遅れてるから朝の9時だよ。

時間に関するその他の記事

コンマと英語の日付、英語で日付を書く時には、いつコンマを使うのでしょうか
英語での日付の表記 また、イギリス、アメリカ、日本、カナダなど異なる日付の表記の仕方

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

2 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *