c’monの三つの意味 〜 come onの短縮形

Luke
こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のLukeです。

英語のネイティブは「come on」を速く言うと「c’mon」になります。なのでネイティブは話し ている時には「come on」も「c’mon」も特に区別しません。「come on」と同様、「c’mon」 も「急いで」や「こっちに来て」という意味になります。例えば、友達がダラダラしていて遅 刻しそうな場合、以下のようなフレーズを言えます


C’mon! What are you waiting for?
急いがないと!何を待っているの?

また、相手を納得させたい時や励ます時にも「c’mon」をよく使います。この場合の「c’mon」 は「ほら」に似ているでしょう。

C’mon, you can do it!
ほら、頑張ろうよ!

最後に、相手をなだめる時にも「c’mon」と言います。この場合の「c’mon」は、「心配する な」や「大丈夫だよ」のようなニュアンスです。

C’mon, it’s okay. Everything will work out.
心配いらないさ、大丈夫。きっと全て上手く行くよ。

ABOUT LUKEこの記事をかいた人

こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。母はアメリカ人、父はイギリス人。イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。大学卒業した後はワシントンD.C.で雑誌編集者・記者の仕事を経験。その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。現在、東京に在住。著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』(研究者)、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA)、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 (大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

5 件のコメント

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *